ラビュリントスの伝説

いのしかです。


第1回秘境探検レース、率直に言えば


秘境探検じゃないじゃん!


って、


なってしまいそうですが(それを言うなよ^^;


第2回の7/1までしばらく時間が空くことになりました。


というのも、


ナイゾウさんもリアルの都合によりあまりログインできなくなるということなんで。


じゃあ、その前に私がやりたいクエやらない?


と、頼んだところ軽くOKになったのでヴェネツィアへ行くことに。




さて、


何が狙いかというと、やりたいクエが2つあるからです。


まず、



「ライオン・ハーティド」



これは防御力が高くて魅力がある「獅子心王の甲冑」

を獲得できるクエなんです。


しかも希少クエでないため2回目以降も再び獲得できるという、


ありえないクエでもありますw



もう一つは、



「ラビュリントスの伝説」



これは連続クエ「アトランティス」をやるために

クリアしておかなければならない前提クエなんです。


まぁ何故アトランティスなんて?と思う方はお答えしておきます。



冒険者だからです。




・・・



意味分からない方はスルーで(^^;





まぁ実はこの冒険強化中にヴェネに来ては何度か上記の2クエを出そうとしてたんですが・・・



まったく出ず・・・



呆れるほど出ませんでした;;


なので今回は斡旋書使いまくりの覚悟で来ました。


(いや、以前も使ってましたよ。今回はそれ以上に使うという意味です。)




と、ヴェネツィア到着


クエを見ると・・・



目的のクエ出ず!



まぁ当然ですね。



さっそく斡旋書を使いまくるぜ!



と、勢いづいて5~6枚程使った時・・・
ラビュリントスの伝説

ラビュリントスの伝説 ☆7 報酬275,000D(前金込)


(↑今回から冒険Wikiにリンクできるようにしました↑)



出た!!!!



しかも



あっけなく!^^;



ま、まぁ出ないより遥かにイイのでラッキー!と受け取って、


さっそくアテネへ向かう




アテネ書庫にて
ラビュリントスの伝説情報1

お~、ミノタウロスを閉じ込めるための迷宮のことをラビュリントスと呼ぶようです。


宗教学の本を読む、
ラビュリントスの伝説情報2

ミノス王の系譜、だそうで。


ラビュリントスの伝説情報3

あくまで神話です。


ラビュリントスの伝説情報4

す、すごい!


鳥の羽をロウで繋げると飛べるんですね!(だから神話だってw


読み物を終え、酒場マスターに聞いてみる
ラビュリントスの伝説情報5

船長!このおっさん挑発してますぜ!(名倉風w




いざ、クレタ島を見つけるべくカンディア


街の考古学者に話を聞く
ラビュリントスの伝説情報6

肝心なのを知っていません。


単なるガイドさんでしょ、それでは(おい!w


広場の学者に当たってみる
ラビュリントスの伝説情報7

ミノス王、怖いですねぇ^^;




というわけで、


シチリア島=シラクサ


工房職人に話すと、
ラビュリントスの伝説情報8

ここまで来たのに迷宮の事は一蹴されてしまいました^^;




で、
ラビュリントスの伝説発見場所へ

という訳なので再びカンディア


カンディア到着


街の郊外から奥地へ


実はこのクエはカンディア奥地クエでもあったんですね。


そして、


奥地の「クレタ島」に到着!


近くの古びた建物で視認をすると・・・
クノッソス宮殿

史跡「クノッソス宮殿」発見!!


(発見写真が薄れてるのと、ナイゾウさんがまったく関係ないこと

を言ってることにお詫びを入れさせていただきますm(__)m)



クノッソス宮殿説明

古代クレタ文明の遺跡である。ギリシャ神話に登場する、ミノス王の居住跡。

この宮殿の奥にはミノタウロスがいたという迷宮「ラビュリントス」があったと伝えられる。



ふぅ・・・



な、長かったぁ~!w



さすが私が求めていたクエだけありますね!(←(゚Д゚)ハァ?)




って、


結局迷宮は発見しなかったんかい!


と突っ込んだところでおしまいw




↑FC2ブログランキング参加中♪クリックよろ~^-^↑



コメント

非公開コメント

プロフィール

いのしかちょう

サーバー:Zephyros
 国 籍:ポルトガル
 職 業:生物学者
 商 会:無所属
 階 級:三等勲爵士(ランク14)
 レベル:冒険52/交易48/戦闘32
 (2010/11/7現在)
 ---------------------------
 大航海時代OnlineBLOG。
 別館「いのしかゲーム部屋
 よろしく!
 当BLOGはリンクフリーです。